ダイエットを成功に導くジムの選び方と通い方をトレーナーが徹底解説!

ダイエットを成功に導くジムの選び方と通い方をトレーナーが徹底解説!

「ダイエットして痩せたい」そう考えている人の中には、ジムに通うという選択肢を検討している人も多いでしょう。ジムにも色々あり、「近所だから」「安いから」という理由だけで選ぶのは危険かも!この記事では現役トレーナーの大久保孝一がジムの通い方と選び方を徹底解説します!

この記事を書いた人

大久保 孝一
大久保 孝一

筋トレアカデミー代表。現在は主に、関節に負担をかけずに筋肉を鍛える独自のトレーニング法を用いて、高齢者の筋力アップ、筋肥大、リハビリ、ダイエットのお手伝いをさせて頂いております。

本日のメニュー

多くの人が、体重を減らし痩せることを目的としてジムに通っています。
しかし一方で「ジムに通えば本当に痩せるの?」と不安に思っている人もいます。
結論からお伝えしますと、ジムに通った方がダイエットの成功率は高くなります。
しかし、ジムに入会すれば自然に痩せられるわけではありません。
ジムで痩せるためには、ジムの効果的な利用方法を知った上で通うことが大切です。
何の知識も心構えもなしに、いきなりジムに通っても、なかなか痩せることはできません。
そこで今回は「ジムを効果的に利用するためのポイント」について徹底解説します。
是非当記事を参考にして、ダイエットを成功へと導いてください。
 

ジムを効果的に利用すれば「ダイエット成功率」が一気に高まる!

わざわざジムに通わなくても、自宅でダイエットをして痩せることはできます。
しかし、自宅でやるよりもジムに通った方が、ダイエットの成功率が格段に高まります。
運動習慣がない人や痩せる方法がよくわからないという人にとっては、なお更です。
では、なぜジムに通った方がダイエットに成功しやすいのでしょうか?
ジムに通った方がダイエットに成功しやすい「3つの理由」について解説します。
 

正しい知識が身に付く

ダイエットを成功させるためには、ダイエットの正しい知識を身に付ける必要があります。
間違ったやり方では効果が出にくいばかりか、身体の健康を害する恐れもあるのです。
ジムに通えば、マシンの正しい使い方効果的なトレーニング方法など、知識や情報が入手しやすくなります。
サポート体制が整っているジムであれは、何かわからないことがあれば、スタッフが丁寧に教えてくれます。
 

設備が整っている

ジムを利用する最大のメリットは、トレーニング設備が整っていることです。
自宅では揃えることが難しい高価なマシンを使ってトレーニングすることが可能なのです。
筋トレ用のマシンは部位別に複数設置されているので、全身の筋肉を効果的に鍛えることができます。
また、脂肪燃焼には欠かせないエアロバイクランニングマシンもズラリと並んでいます。
エアロビクスやヨガ、ストレッチなどのスタジオレッスンにも自由に参加することができます。
こうした設備を、天候に関係なく、冬の寒い日でも半袖短パンで利用することができるのです。
 

強制力が働く

基本的にジムの利用は有料であり、月額料金での会員制のところが多いです。
つまり、通わなくても料金が発生しているのです。
したがって、お金を払っているという強制力が働くため、継続して通いやすいのです。
自宅だと強制力が働きにくいため、ついついサボりがちになり、継続するのが難しいのです。
 

ジムに通っているのに痩せられない「3つの原因」!

ジムに通った方がダイエットに成功しやすいのは確かですが、その一方で「ジムに通っているのになかなか痩せられない」という人も多くいます。
では、なぜジムに通っているのに痩せられないのでしょうか?
ジムに通っているのに痩せられない「3つの原因」について解説します。
 

有酸素運動だけやっている

一般的には「ダイエット=有酸素運動」という思い込みがあるため、多くの人は、エアロバイクやランニングマシンなどの「有酸素運動」をメインに取り組んでいます。
しかし、有酸素運動オンリーでは、ダイエット効果は低くなってしまうのです。
もちろん有酸素運動だけでも脂肪は燃焼されます。
しかし、筋トレと組み合わせた方が脂肪燃焼効率が良くなり、有酸素運動だけでは燃やしにくい頑固な脂肪までメラメラと燃やせるのです。
筋トレは「無酸素運動」なので、運動中に直接脂肪を燃やすわけではありません。
しかし、筋トレをすると「成長ホルモン」の分泌が活発となり、成長ホルモンの働きによって脂肪が分解され、エネルギーとして燃焼されやすくなるのです。
つまり、筋トレをして予め脂肪が燃焼されやすい状態にしておき、その上で有酸素運動を行った方が、脂肪燃焼スピードが速くなり、ダイエット効果がグンと高まるのです。
脂肪を撃退するには「筋トレで分解⇒有酸素運動で燃焼」させるのが、必勝法なのです。
 

ジムの利用回数が少ない

いくら筋トレと有酸素運動を併用したとしても、シムに通うのが月に数回だけでは痩せられません。
どんなに優れたジムであっても、利用回数が極端に少ない状況では、ダイエット効果を出せないのです。
ダイエット効果を出すためには、定期的にジムに通い、利用回数を増やす努力をしなければなりません。
週1回3時間やるよりも、週3回1時間ずつの方が、ダイエット効果は出やすくなります。
仕事や家事でジムに通えないという日もあるでしょうが、忙しい中でどう工夫してジムに通う時間を作れるかが、ダイエットを成功させる上で極めて重要なポイントになってきます。
 

食生活が乱れている

食生活が乱れている場合には、食生活の改善も必要になってきます。
いくらトレーニングしても、食べたいものをお腹いっぱい食べながらでは、痩せるのは難しいです。
痩せるためには、食事が重要なカギを握っているのです。
ただし、極端なカロリー制限は栄養不足を招き、内臓の機能を低下させてしまうので注意が必要です。
内臓の機能が低下すると、内臓が消費するエネルギーが減少し、脂肪が燃えにくくなってしまうのです。
ですから、絶食するようなダイエットはやってはいけません。
ダイエットにおいては「摂るべき栄養素をきちんと摂ること」が必須条件です。
その上で、身体に不要なものを減らしていくのが、正しいダイエットの考え方なのです。
 

ジムを選ぶ一番のポイントは「自分に合っているかどうか」!

ジムには大きく分けて「フィットネスジム」「パーソナルジム」の2種類があります。
どちらのジムでもダイエットはできますが、利用スタイルが異なるため、選ぶ場合には、それぞれの特徴をよく知った上で「自分に合っている方」を選ぶことが大切です。
 

フィットネスジムの特徴

フィットネスジムの大きな特徴は、営業時間内であれば自由に使うことができるということです。
事前予約なしに自分の都合の良い時間に行って、好きなだけトレーニングできるのです。
したがって、時間に縛られずにトレーニングしたい人や、一人で黙々トレーニングしたい人、トレーナーからの指導を必要としない人などにとっては、非常に合っていると言えます。
また、24時間営業のフィットネスジムであれば、早朝でも深夜でも利用することができるので、仕事や家事で忙しい人でも、自分の生活スタイルに合わせてトレーニング時間を作りやすくなります。
 

パーソナルジムの特徴

パーソナルジムの大きな特徴は、トレーナーがマンツーマン形式で直接指導してくれるということです。
一人一人に合わせたトレーニングメニューをオーダーメイドで作成してくれるので、自分に合ったトレーニングを行うことができます。
初心者には難しい筋トレのやり方も、トレーナーがしっかりサポートしてくれるので、筋肉を的確に鍛えることができるのです。
更には、日々の食事管理までしてくれるので、トレーナーの指示に従って食事をしていれば、ちゃんと食べながら脂肪を燃やしやすくする食事法を実践することができるのです。
要するに、プロのトレーナーという強い味方が付いてくれるので、ダイエットに成功しやすいのです。
したがって、自分一人ではトレーニングを行うのが難しいという人や、誰かに付いてもらわないと続ける自信がないという人にとっては、非常に合っていると言えます。
また、フィットネスジムでは周囲の視線が気になるという人も多いですが、その点パーソナルジムはマンツーマン形式なので、周囲の視線を気にせずにトレーニングに集中することができます。
ただし、パーソナルジムは完全予約制となるので、仕事で生活時間が不規則な人や予定がなかなか立てられないという人にとっては、利用するのが難しい面もあります。
 

ダイエット用筋トレメニューで「全身やせ」「部分やせ」も自由自在!

では次に、フィットネスジムで行う場合の「おすすめ筋トレメニュー」を紹介します。
フィットネスジムには様々な種類のマシンやフリーウエイトが揃っていますが、手当たり次第に行っても効果は薄いので、目的に応じて効果的な種目を選択し、正しいフォームで行う必要があります。
そこで今回は、どのような種目を行えばよいのか、ダイエットに効果的な種目を私の方で選定し、取り組む際の具体的なメニュー効果を出すためのポイントについて解説します。
正しいフォームに関しては、種目ごとに動画がありますので、そちらを見てマスターしてください。
 

全身の筋肉を引き締める筋トレメニュー

筋トレのダイエット効果を高めるには「大きい部位の筋肉」を優先的に鍛えることが重要です。
なぜなら、大きい筋肉を鍛えた方が、筋トレによって消費されるエネルギー量も多くなるからです。
また、見た目のスタイルを良くする上でも、重要な筋肉になるからです。
ここでターゲットとなる「大きい部位の筋肉」とは、
①大胸筋(胸の筋肉)
②広背筋(背中の筋肉)
③上腕三頭筋(上腕裏側の筋肉)
④腹筋(腹回りの筋肉)
⑤大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)
⑥大臀筋(お尻の筋肉)
になるのですが、これらの筋肉で全身の約70%を占めています。
それでは、具体的なメニューを解説していきます。

 【全身の筋肉を引き締める筋トレメニュー】
①ペックフライ


・ペックフライは大胸筋を効果的に鍛える種目です。
・息を吸いながら腕を開き、吐きながら腕を閉じるようにします。
・両腕を閉じた位置で大胸筋が最も収縮するので、この位置で2~3秒キープします。
・キープし終わったら両腕を開いていきます。
・15~20回反復できる負荷で2セット行うようにします。
・セット間のインターバルは2分を目安とします。
 
②ベントオーバーロウイング(ダンベル)


・ダンベルロウイングは広背筋を効果的に鍛える種目です。
・息を吸いながらダンベルを引き上げ、吐きながらダンベルを下ろすようにします。
・ダンベル引き上げた位置で広背筋が最も収縮するので、この位置で2~3秒キープします。
・キープが終わったらダンベルを下ろしていきます。
・15~20回反復できる負荷で2セット行うようにします。
・セット間のインターバルは2分を目安とします。
 
③キックバック


・キックバックは、上腕三頭筋を効果的に鍛える種目です。
・腕を伸ばし切った位置で上腕三頭筋が最も収縮するので、この位置で2~3秒キープします。
・キープし終わったら腕を曲げていきます。
・15~20回反復できる負荷で2セット行うようにします。
・セット間のインターバルは2分を目安とします。
 
④TRXクランチ


・TRXクランチは腹筋を効果的に鍛える種目です。
・息を吐きながら膝を曲げて胸に近づけ、息を吸いながら膝を伸ばすようにします。
・膝を胸に近づけた位置で腹筋が最も収縮するので、この位置で2~3秒キープします。
・キープが終わったら膝を伸ばしていきます。
・10~15回×2セットから始め、20回×2セットを目指してください。
・セット間のインターバルは2分を目安とします。
 
⑤フルスクワット


・フルスクワットは大腿四頭筋を効果的に鍛える種目です。
・息を吸いながらしゃがみ、息を吐きながら立ち上がるようにします。
・スクワットの場合には、途中でキープはせずに連続して動作を行うようにします。
・ただし、4秒でしゃがみ4秒で立ち上がるくらいのスピードでゆっくり動作します。
・10~15回×2セットから始め、20回×2セットを目指してください。
・セット間のインターバルは2分を目安とします。
 
⑥ヒップリフト


・ヒップリフトは、大臀筋を効果的に鍛える種目です。
・お尻を高く持ち上げた位置で大臀筋が最も強く収縮するので、この位置で2~3秒キープします。
・キープし終わったらお尻を下ろしていきます。
・10~15回×2セットから始め、20回×2セットを目指してください。
・セット間のインターバルは2分を目安とします。
 
※1回のトレーニングで、上記①~⑥を行います。
※体力的にきつい場合には、各種目1セットからでOKです。
 

気になる部位を引き締める筋トレメニュー

続いて、気になる部位を集中的に引き締める筋トレメニューを紹介します。
ここでターゲットとしている部位は、
①二の腕の裏側
②脇腹
③お尻
の3部位なのですが、これらの部位が弛んでしまうと、スタイルを崩す大きな原因となってしまうのです。
一般的に「部分やせ」は不可能だと思われていますが、実際にはそんなことはなく、多くの人が「部分やせ」に成功し、気になる部位を集中的に引き締めています。
二の腕の裏側だけを集中的に引き締めたいというのなら、それも可能なのです。
最新の研究では、筋トレによって筋肉が刺激されると、筋肉が分泌するホルモンが周辺の脂肪細胞の性質を変えてしまい、筋肉内部や筋肉周辺の脂肪が燃焼されやすくなるということがわかってきています。
したがって、引き締めたい部位の筋肉をピンポイントで刺激することで「部分やせ」が可能となるのです。
それでは、具体的なメニューを解説していきます。
 
【二の腕裏側を引き締める筋トレメニュー】
①キックバック


・キックバックは、二の腕裏側の筋肉(上腕三頭筋)を効果的に鍛える種目です。
・腕を伸ばし切った位置で上腕三頭筋が最も収縮するので、この位置で2~3秒キープします。
・キープし終わったら腕を曲げていきます。
・15~20回反復できる負荷で2セット行うようにします。
・セット間のインターバルは2分を目安とします。
 
②シングルフレンチプレス


・シングルフレンチブレスも、二の腕裏側の筋肉(上腕三頭筋)を効果的に鍛える種目です。
・シングルフレンチプレスの場合には、途中でキープはせずに連続して動作を行うようにします。
・ただし、4秒で上げて4秒で下ろすくらいのスピードでゆっくり動作します。
・15~20回反復できる負荷で2セット行うようにします。
・セット間のインターバルは2分を目安とします。
 
【脇腹を引き締める筋トレメニュー】
①ツイスティングトランクカール


・ツイスティングトランクカールは、脇腹の筋肉(腹斜筋)を効果的に鍛える種目です。
・上体を捻って起こした位置で腹斜筋が最も収縮するので、この位置で2~3秒キープします。
・キープし終わったら元に戻していきます。
・10~15回(左右やって1回とする)×2セットから始め、20回×2セットを目指してください。
・セット間のインターバルは2分を目安とします。
 
②TRXサイドプランク


・TRXサイドプランクも、脇腹の筋肉(腹斜筋)を効果的に鍛える種目です。
・動きのないアイソメトリックストレーニングであるため、正しい姿勢を崩さないことが重要です。
・左右各10~20秒キープ×2セットから始め、30秒キープ×2セットを目指してください。
・セット間のインターバルは2分以内とし、慣れてきたら短くしていきます。
 
【お尻を引き締める筋トレメニュー】
①ヒップリフト


・ヒップリフトは、お尻の筋肉(大臀筋)を効果的に鍛える種目です。
・お尻を高く持ち上げた位置で大臀筋が最も強く収縮するので、この位置で2~3秒キープします。
・キープし終わったらお尻を下ろしていきます。
・10~15回×2セットから始め、20回×2セットを目指してください。
・セット間のインターバルは2分を目安とします。
 
②クックヒップリフト


・クックヒップリフトも、お尻の筋肉(大臀筋)を効果的に鍛える種目です。
・お尻を高く持ち上げた位置で大臀筋が最も強く収縮するので、この位置で2~3秒キープします。
・キープし終わったらお尻を下ろしていきます。
・10~15回×2セットから始め、20回×2セットを目指してください。
・セット間のインターバルは2分を目安とします。
 
もし、上記3部位全てを引き締めたいという場合には、ここで紹介した6種目を順番に行うと良いでしょう。
また、どこか1部位だけ、2部位だけという場合には、該当する種目を選択して行ってみてください。
 

ダイエットの決め手は「筋トレ後の有酸素運動」!

脂肪をエネルギーとして燃焼させるには、筋トレを行った後に「有酸素運動」を行う必要があります。
先述した通り、筋トレは「無酸素運動」なので、筋トレが直接脂肪を燃やすわけではありません。
筋トレの役目は「脂肪を分解して燃えやすい状態にする」ところまでなのです。
実際に脂肪をエネルギーとして燃やす役目を担うのは「有酸素運動」になるのです。
筋トレ終了後に有酸素運動を行うことで、筋トレで分解された脂肪がメラメラと燃え出すのです。 

有酸素運動のおすすめは「エアロバイク」

フィットネスジムで行う有酸素運動としては「エアロバイク」がおすすめです。
エアロバイクは手軽にできてダイエット効果が高く、フィットネスジムで一番人気の有酸素運動です。
体力や目的に合わせて簡単に負荷を変えることができ、心拍数や走行距離、ペダルの回転数、消費カロリーなどが表示されるようになっています。
エアロバイクの取り組み方としては、筋トレ終了後に30~45分行うことをおすすめします。
筋トレによって脂肪が分解されていれば、有酸素運動のスタート直後から脂肪が燃え出すので、長時間漕ぎ続ける必要はなく、30~45分で十分です。
 

有酸素運動時の心拍数

エアロバイクを行う際には、心拍数を意識しながら行うと効果的です。
脂肪燃焼が効率的に行われる心拍数の範囲は「ちょっと息が上がる程度」の心拍数です。
具体的には「最大心拍数の40~60%」で行うと、脂肪を効率よく燃焼させることができます。
最大心拍数は「220-年齢」で求められます。
したがって、例えば、30歳の人の場合には、
※最大心拍数…220-30=190
※脂肪燃焼が効率的に行われる心拍数の範囲…190×0.4~0.6=76~114
となるのです。
これ以上の心拍数で行うと、糖分がエネルギーとして優先されてしまうため、脂肪が燃えにくくなります。
逆に低すぎると、脂肪が燃えるのにとても時間がかかり、燃焼効率が悪くなります。
エアロバイク以外の有酸素運動でも考え方は同じなので、自分に適した心拍数を確認した上で、その範囲を意識して行ってみてください。
 

ジムの利用回数を増やせば「1ヵ月でのスピードダイエット」も可能!

ジムに通って痩せるには、ジムの利用回数が重要だということをお伝えしましたが、では、フィットネスジムに通う場合、利用回数によってダイエット効果にどのような違いが出るのでしょうか?
ジムの利用回数から予想されるダイエット効果について、30歳の女性をモデルにして解説します。

ジムの利用回数から予想されるダイエット効果

(モデル)・30歳の女性
  ・身長157cm 体重57kg(標準体重+3kg)
  ・体脂肪率35%(軽度の肥満)
  ・生活活動強度Ⅰ(軽い)
  ・1回のジム利用で筋トレ30分+有酸素運動30分
  ・食事には気を付けている
  ・目標は体重52kg 体脂肪率29%
(フィットネスジムを週1回利用した場合)
1ヶ月後⇒見た目に変化はなし。体重・体脂肪率も変わらず。
2ヶ月後⇒見た目に変化はなし。体重・体脂肪率も変わらず。
3ヶ月後⇒なんとなく痩せた感じがするが、数値的には変化はなし。
 
(フィットネスジムを週2回利用した場合)
1ヶ月後⇒なんとなく痩せた気がするが、数値的には変化なし。
2ヶ月後⇒腹回りに少し変化が現れる。体重55kg・体脂肪率33%
3ヶ月後⇒腹回りの変化がはっきり確認できる。体重53kg・体脂肪率31%
 
(フィットネスジムを週3回利用した場合)
1ヶ月後⇒腹回りに少し変化が現れる。体重55kg・体脂肪率33%
2ヶ月後⇒腹回りの変化がはっきり確認できる。体重53kg・体脂肪率31%
3ヵ月後⇒二の腕や太もも、お尻なども引き締まってくる。体重51kg・体脂肪率27%
 
(フィットネスジムを週4回利用した場合)
1ヶ月後⇒腹回りの変化がはっきり確認できる。体重54kg・体脂肪率32%
2ヶ月後⇒二の腕や太もも、お尻なども引き締まってくる。体重51kg・体脂肪率27%
3ヵ月後⇒全身が引き締まり、メリハリのある身体になってくる。体重49kg・体脂肪率24%
 
フィットネスジムを利用する場合、まずは1ヵ月でと考えている人が多いようですが、上記予想を基にすると、もし1ヵ月で、目に見える効果と数値的な変化を出したいとしたら、週3回以上通う必要があるということになります。
週1回では、なかなか現状から抜け出せず、週2回では、目に見える効果が現れるのは2ヶ月後からになります。
つまり、ダイエット目的の場合には、利用回数が多くなるほど効果も出やすいということなのです。
もし、この女性が毎日通ったとしたら、1ヵ月での目標達成も可能になるでしょう。

パーソナルジムは「立地ではなくトレーナー」で選ぼう!

パーソナルジムでは、プロのトレーナーが付いてくれる分、フィットネスジムで自分一人でやるよりも、早く効果を出すことができます。
しかし、フィットネスジムに比べて料金が高く毎週決まった時間を費やすことにもなるため、選ぶ際には、後で後悔しないよう、よく考えて選ぶことが大切です。
そこで、この章では「失敗しないパーソナルジム選びのコツ」について解説します。
 

立地や価格だけで選ばない

パーソナルジムを選ぶ際に、立地価格だけで選ぼうとすると、失敗するリスクが高くなります。
いくら通いやすくても、満足できる効果が得られないのでは通う意味がないからです。
パーソナルジムを選ぶ上で大切なことは、
①立地や価格の面から通いやすいかどうか
②本当に満足できる効果が得られるかどうか
の両面から検討するということです。
したがって「一番近いジム」「一番安いジム」と安易に決めてしまうのではなく、まず、立地や価格の面で通いやすいジムをいくつか候補として選び、その中で「自分が一番信頼できるジム」を選ぶのが良いでしょう。
 

パーソナルジムは「トレーナー」で選ぶ

パーソナルジムの最大のメリットは、プロのトレーナーからマンツーマン形式で指導を受けられることです。
そのため、トレーナーとの相性が非常に重要になってきます。
もし、トレーナーとの相性が良くなかったとしたら、トレーニングに集中できないし、モチベーションも上がらないでしょう。
そうなれば、当然効果も期待できなくなってしまいます。
逆に、相性の良いトレーナーに指導してもらえれば、トレーニングが楽しくなるし、効果も出やすくなります。
もちろん、相性が良くても、トレーナーとしての実力が低くては安心して任せられないので、トレーナーとしての実力を知ることも大切です。
しかし、トレーナーとしての実力や自分との相性を知ると言っても、そういった情報を入手するのは、なかなか難しいことです。
そこで「トレーナーに関する情報を入手するのに役立つ精度の高い方法」を紹介します。
 

トレーナーの得意分野を確認する

まず、トレーナーの経歴や持っている資格から「得意分野」を確認することが大切です。
経歴や資格については、トレーナーのプロフィールを見ると調べることができます。
トレーナーの中には、現役でボディビルやフィジークのコンテストに出場している人も多くいますが、ダイエットなどのボディメイクの分野においては、コンテストに出場した経験があるトレーナーの方が、求めているサービスを提供してくれる可能性が高いと言えます。
 

トレーナーのSNSをチェックする

トレーナーの得意分野がわかっても、トレーナーとしての実力や自分との相性がわかったことにはなりません。
いくらコンテストの出場経験があると言っても、トレーナーとして人を指導する実力が高いことの証明にはならないし、プロフィールの短い文面だけで、相性や人柄がわかるはずもありません。
そこで、是非チェックしてもらいたいのが「SNS」なのです。
ツイッターやインスタグラム、フェイスブック、本人が書いたブログやコラム、さらにはYouTubeなど、そういったSNSや文章には、かなりその人の性格が表れています。
また、SNSでの発信内容を見ることで、どういった知識があるのか、ダイエットに対してどのような考え方をしているのかを知ることができます。
つまり、自分が求めているサービスを提供してくれそうな人かどうか、確認できるということです。

失敗しないパーソナルジムの選び方「おすすめ2パターン」

では、ここまで解説してきた内容をふまえ「失敗しないパーソナルジムの選び方」を紹介します。
アプローチの異なる方法を2パターン紹介しますが、どちらの方法も有効なので、是非、最適なトレーナー選びにお役立てください

「立地と予算⇒SNS」の順で絞り込む方法

①まず、立地と予算でジムを絞り込みます。
②そのジムに所属しているトレーナーの経歴や資格をチェックします。
③自分が求めている条件と一致するトレーナーがいるかどうか確認します。
④条件が一致するトレーナーがいたら、そのトレーナーのSNSをチェックします。
⑤SNSをチェックして、信頼できそう、相性が良さそうと感じたらコンタクトをとります。
 

「SNS⇒立地と予算」の順で絞り込む方法

①まず、SNSをチェックして、信頼感や相性の面から自分に合うトレーナーを絞り込みます。
②絞り込んだトレーナーの活動範囲や指導料金などを確認します。
③立地と予算の面で条件に合うトレーナーがいたらコンタクトをとります。
 
パーソナルジムの詳しい選びかたはこちらの記事で解説しています!


パーソナルトレーニングは「2ヶ月・16回」が基本!

パーソナルジムでは「2ヶ月・16回」のコース設定を基本としているところが多いです。
つまり、パーソナルジムでしっかり痩せるには、通常「2ヶ月」かかるということです。
ここで言う「しっかり痩せる」とは、
①体重が減る・体脂肪率が下がる
②皮下脂肪・内臓脂肪が減る
③全身の筋肉が引き締まる
④リバウンドしない身体になっている
の全てが達成された状態になります。
単に痩せるのではなく「美しく健康的に痩せる」ということです。
では、なぜ「2ヶ月」必要なのでしょうか?
そこにはちゃんとした理由があるのです。
 

太りにくい身体へと体質改善するため

パーソナルジムでは、1ヵ月で5kg以上体重が減ることも珍しくありません。
しかし、ここで注意しなければならないのが「リバウンド」なのです。
1ヶ月で痩せたとしても、その段階では、まだリバウンドのリスクが高いのです。
なぜなら、まだ、太りにくい身体へと体質改善されていないからです。
リバウンドのリスクを下げるには、太りにくい身体へと体質改善しなければならないのです。
太りにくい身体とは「基礎代謝が高く脂肪が燃焼されやすい身体」です。
そうした身体へと体質改善を図るには、通常「2ヶ月」必要なのです。
 

筋肉量を増やす必要があるため

基礎代謝を高めるには、筋肉量を増やす必要があります。
「筋肉量が多い身体=基礎代謝が高い身体」なのです。
ただし、ムキムキな筋肉になるということではなく、筋肉量を増やすことで、加齢や運動不足によって減少してしまった筋肉量を元に戻してやるということです。
人間は30歳を過ぎると、何の対策も講じなければ、筋肉量が年1%ずつ減り続けます。
例えば、30代女性の場合、筋肉量の平均が約20kgなので、1年で約200gの筋肉が減少することになるのです。
そして、筋肉量の減少に伴い基礎代謝も下がり、太りやすい身体になってしまうのです。
因みに、筋肉量100gの減少につき、1日の基礎代謝が5~7キロカロリー下がります。
しかし、筋トレをして筋肉量を増やせば、基礎代謝が高まり太りにくい身体になれるのです。
ただし、筋肉量を増やすのは簡単なことではありません。
パーソナルジムに通ったとしても、通常「2ヶ月」はかかるのです。

パーソナルジムを長期利用するメリット

パーソナルジムであれば、短期間の利用でも、ダイエット効果を出すことは可能です。
しかし、コンテスト出場を目指したいとか、もっと身体にメリハリをつけたいとか、高い目標を持って利用する場合には、長期利用した方が、目標を達成しやすくなります。
また、長期利用すると「ダイエットの正しい習慣」を身に付けられるので、退会後も自分一人で実践することが可能となり、一生ダイエットに困ることがなくなるのです。
 

ジムを効果的に利用して理想の体型を目指そう!

以上、今回は「ダイエットに成功するためのジムの選び方・通い方」について、詳しく解説してきました。
結論としては、ジムを利用した方が、自分一人でやるよりも、ダイエットに成功しやすいということです。
そして、「パーソナルジム」を利用した方が、成功率が更に高まるということです。
ジムは、ダイエットを成功させるための「最強のパートナー」です!
ジムへの入会を検討中の方は、まずは1歩踏み出し、憧れの「ジムデビュー」を果たしてみましょう!
ジムに通い始めた瞬間から、新たな「ダイエットサクセスストーリー」が始まるのです!
当記事が、ジムでの理想の体型作りのお役に立てれば幸いです。

ベストレでは、地域などからジムを検索することができます。
どんなジムがあるかまずは一度見てみましょう!
ジムを検索する

0
ダイエットを成功に導くジムの選び方と通い方をトレーナーが徹底解説!

この記事を書いた人

大久保 孝一
大久保 孝一

筋トレアカデミー代表。現在は主に、関節に負担をかけずに筋肉を鍛える独自のトレーニング法を用いて、高齢者の筋力アップ、筋肥大、リハビリ、ダイエットのお手伝いをさせて頂いております。

よかったらシェアしてね!