ボディメイクとダイエットって何が違うの?それぞれのポイントを解説!

ボディメイクとダイエットって何が違うの?それぞれのポイントを解説!

ボディメイクとダイエットの違い、正しく理解できますか?目標によってやるべきことが違うこの2つ、実は間違った方法をとっているかもしれません。現役トレーナーの解説で、正しい知識を身につけましょう!

この記事を書いた人

立花優作
立花優作

元整形外科勤務/パーソナルトレーナー 北海道札幌市でトレーナー活動をしています! 日常生活のパフォーマンスを上げるボディメイクを提案します! 姿勢の改善や見た目の改善を医療的知識とトレーニングの知識で解説していきます!

1分サマリー

こんにちは、北海道のパーソナルトレーナー立花です。

今回はあなたがボディメイクやダイエットを行っていく中で大事な考え方についてお話します。
これからやっていくことの軸を決め、目的を理解することでより目標達成に近づくと思います。
特にこれからジムに通う方、体づくりを始める方は先に知っておいて損はない内容です!

ボディメイクとダイエットってなにが違うの?



・ボディメイクは結果に目を向ける事
→お尻を小さくしたい
→脚を細くしたい
→体全体を大きくしたい
→疲れない体になりたい
など様々な要望に対して何をするべきか判断し結果を出していくのがボディメイクだと考えられます。

そのためにトレーニング、ストレッチやマッサージなどのコンディショニングも含め総合的にケアをしていくことで体を作り上げていくことがボディメイクでは重要です。
体重や食事だけに捉われず理想の体を作り上げていきます!


・ダイエットとは習慣を身につける事
→糖質制限…糖質を控える習慣
→脂質制限…脂質を控える習慣
他にも様々なダイエット法がありますが基本は繰り返し行うことで習慣を身につけていきます。
その習慣を続ける事で結果的に体重を落としたり、体のサイズダウンが望めます。
先ほど紹介したボディメイクの一つの手段とも言えるでしょう。

ダイエットの語源を探ってみると
「生き方」「生活習慣」「食事療法」という言葉の意味があるそうです。
主に食事に目を向けていき、それが生き方や生活習慣に影響を与える事で体を変化させていきます。
基本的には運動よりも食事の改善がメインとなることもボディメイクの違いと言えると思います。

こちらも体重だけに捉われず、習慣を作ることを意識していくといいです。
なにより一時的な習慣は一時的な結果しかもたらさないので自分のライフスタイルに合うダイエットを見つけることが大事でしょう。

そしてダイエットが必要な人とボディメイクが必要な人がいると考えています。

ダイエットとボディメイクが必要な人

ダイエットが必要な人とは?

ダイエットから行っていくべき人は肥満の方です。
肥満というのはただ太っているのではなく健康に影響を及ぼすほど太っている状態を指します。
生活習慣が原因で太り過ぎていて、健康状態もリスクがある方はまずダイエットからやるべきだと考えています。

先ほども説明しましたが、生活習慣を見直すべき方はまずはダイエットで習慣を身につけましょう!

ボディメイクが必要な人とは?

ボディメイクが必要な人は理想の体が明確な状態の方です。
目標が決まっていてそこにどんなアプローチをするべきかという判断が必要な方はボディメイクで考えていくべきでしょう。

例えば、女性でお尻の形を丸くしながらウエストも引き締めていきたいと考えている方であればいくらダイエットで体重を落とし、サイズダウンしても今の体のアウトラインや抑揚は変わらない可能性がありますよね。
そこでダイエットに合わせお尻周りのトレーニングや腹部の機能改善などのアプローチをしていくことでボディラインが整っていきます。

男性でも同じくかっこいい胸筋や、逆三角形の体を目指してる方は体重を落とすだけではもちろん筋肉の発達は望めません。

なので部分的にここはこうしたい!という理想の状態がある場合は、筋トレ、食事、コンディショニングなどを見直すボディメイクが必要だと考えられます。

ボディメイクとダイエットのメリット

ボディメイクのメリット

自分にとって無理なく全てカスタマイズされたメニューを作ることができることです。
体重を落とすダイエットとは違い、部分的に大きく見せたり、引き締めたりコントロールしながら行うことができます。

しかし、筋肉の変化にはある程度の時間が必要となってくるので、長期的な計画で行っていくことが必要でしょう。
2〜3ヶ月で体を引き締めなければいけなかったり、体重を落とさなくてはいけないという場面ではボディメイクでは望んだ結果を出すのが難しいと感じます。

ダイエットのメリット

ダイエットのメリットは、引き締まった体(脂肪が少ない体)が手に入るということです!
ダイエットは習慣や生き方という語源があります。
正しい習慣や生き方を身につけることで健康的な体へと変化していき、余分な脂肪を落とすことができます。
ここが最大のメリットと言えるでしょう。

以上のことから、長い目ではボディメイクを中心として必要な場面でダイエットも行なっていくことをおすすめします!

ボディメイクで失敗しないためには?

ボディメイクで失敗しないためには、しっかりプロにアドバイスをもらうことだと思います。
例えば、こんな髪型にしたいと思った時、自分で真似をして切ってみようという方はいないと思います。
極端な例えですが、しっかりプロにアドバイスをもらい、髪型を整えてもらうというのが安心で最善な選択だと言えるでしょう。
まさにボディメイクでもこのようなイメージだと理解していただければいいかなと感じます。
私自身、パーソナルジムで日々食事指導やトレーニングの指導をしていますが、やはり間違った知識やテレビでやっていたからと極端な方法で失敗をしている方が多く見受けられます。
間違った情報ばかりではないですが、そのやり方は自分の体に合っているのか?リバウンドのリスクはないのか?自分の理想へと近づくのか?
ということをトレーナーの方からアドバイスを受けることが最短であり、最も成功に近いやり方だと思います。

ちなみにですが、私自身まだ知識も未熟なまま行ったダイエットで失敗したことがありました。
そしてその後、改めて勉強やいろいろなアドバイスをもらい正しくボディメイクを進めていきましたが、違いは明らかだと思います。
右は過度な食事制限、左は正しくボディメイクした結果です。


目標を立ててみよう

いつでもボディメイクやダイエットはスタートできますし、いつでも自分の体と向き合うことができます。
そのためにはまずは目的と目標を設定することが大事だと思います。
今回は簡単にですが、これからボディメイクやダイエットを始める方へ、「あなたは何をやるべきか」というのを一緒に考えていきましょう。

1 なぜ体を変える必要があるのか?
 「健康で周りよりも若くいたい」
 「美しい体になって周りから認めてもらいたい」
 「大会に出て活躍したい」
 「夏は割れた腹筋で海にいきたい」
 「お洒落に服を着こなして街を歩きたい」

など、より場面を具体的にして考えてみると良いでしょう。
これによって目的を達成した自分はどんな気持ちになるのか考えてみましょう。

2 どのように改善したいのか?
現状から理想までいくにはどの部分を改善する必要があるでしょうか?
「お腹を凹ませたい」
「くびれを作りたい」
「脚を細くしたい」
まずは具体的にこの部分を考えてみましょう。
ここまでは誰もが考えたことがあると思います!

3 何で改善できると思うか?
・ジムへ行って運動量を増やす
・揚げ物を控える
・お酒の種類を変えてみる
などなど生活を振り返ってみると改善策は意外とあるものです。
しかし、さらに結果を出すにはわからない部分もあると思います。
その時はオンラインや体験などを利用してトレーナーから一度アドバイスをもらってみましょう!



ここまで整理できれば後は行動あるのみです!

まとめ

ボディメイクは結果をイメージし、ダイエットは生活習慣を変えていくことが重要です。
短期的なのか長期的なのか、そこのメリットとデメリットを理解した上で行っていくことで自分の体をコントロールしてより楽しく生活を送りましょう。太ることへの不安やコンプレックスなども改善していける最高のツールになってくれると思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
これからチャレンジする方へ少しでもお役に立てればと思います。

0
ボディメイクとダイエットって何が違うの?それぞれのポイントを解説!

この記事を書いた人

立花優作
立花優作

元整形外科勤務/パーソナルトレーナー 北海道札幌市でトレーナー活動をしています! 日常生活のパフォーマンスを上げるボディメイクを提案します! 姿勢の改善や見た目の改善を医療的知識とトレーニングの知識で解説していきます!

よかったらシェアしてね!