ボディビルダーとしてもトレーナーとしても成功したい。梶田遼太朗のトレーナー論

ボディビルダーとしてもトレーナーとしても成功したい。梶田遼太朗のトレーナー論

THE NUDEの外部トレーナーとして働いている梶田さんにお話を伺いました。友人の誘いからパーソナルトレーナーへの道を志し、今ではフリーのパーソナルトレーナーとして活躍しています。ボディビルで上位入賞を果たした経験を生かした指導で、お客様に寄り添ったトレーナー論について取材しました。

今回インタビューしたトレーナー

梶田遼太朗
梶田遼太朗

トレーニング歴は11年以上、現役ボディビルダーとして活躍し、毎年10kg以上の減量を成功させてきた、ボディメイクのエキスパートです。 豊富な経験を活かし、お客様のダイエットやアンチエイジング、健康をサポート致します。

1分サマリー

※この記事は、2020年10月時点の情報です。当時の状況と異なる部分がある可能性がある点、ご留意ください。

友人からの誘いがきっかけでトレーナーを志す

元々、建設業の一般企業で仕事をしていたんですよね。
移動式クレーンの運転手などの肉体労働をしていて、約2年間勤めました。
その後、同級生が新しくジムを始めたのでチャンスだと思い、トレーナーへの転職を決意しました。

トレーニング自体は、高校生の時に父親から「近所のジムで家族割があるから一緒に行かないか?」と誘われたのがきっかけで始め、今年で11年目を迎えます。
筋トレにより結果が出ることではまっていき、地元のジムからゴールドジムにも行くようになりました。
はじめのころは全て独学でトレーニングをしており、ジムに行って一通りのマシンは使っていましたね。
また、いろんな知識を取り入れようと思い、ネットの記事や雑誌、動画なども参考にしました。
他にも、父親は筋トレ経験が長いので、知らず知らずのうちに父親から筋トレの知識を吸収していたのかもしれません。

トレーニングを始めてから3年経った頃、周りに誘われたのがきっかけでボディビルの大会にも出場しました。
大会はJBBFの東京オープン75kg級で、自分としては絞りが甘かったと思うものの、7位に入賞し決勝にも残れたので良かったです。

その後、成績を重ねていき、2018年には、ダイアンドカップというコンテストにて、ボディビルで優勝する事になりました。



トレーニングを始めてからは身体を鍛えるだけではなく、ジムで仲間が増えていくのも魅力的でした。

自分のやりたいことをすべく独立

実は、今年の10月からフリーのパーソナルトレーナーになったんですよね。
フリーになったのは、自分のやりたいことやフットワークを軽くしたいからです。
今までは友達のジムで雇われの身だったので、オーナーと相談してフリーでやっていこうと決めました。
今は、代官山の「THE NUDE」というジムで場所を借りながら働いています。
THE NUDEは、オーナーが共通の知り合いだったので紹介してもらいましたね。
今年の6月にできたばかりのジムで、24時間ジムとパーソナルが利用できるといった変わったジムです。

お客様の成長が自分の成長

パーソナルトレーナーのやりがいは、お客様の悩みを解決して自分自身も成長できることですね。



トレーナーをしていて思うのは、トレーニングをこなすごとにお客様が変わっていく姿を見るのが面白いということです。
また、僕自身がコンテストに出場しているため、選手の方から相談が来ることもあり、大会で結果が出て「梶田さんのおかげです!」と言われると凄く嬉しいですね。
こうしたお客様の成長は、自分の成長のように感じます。

オンラインサロンも運営

最近は、月額会員制のサロン運営もやっています。
オンラインサロンはアメリカの研究者と共同経営をしており、遠方の方の食事管理、写真を元に体型のチェック、トレーニングメニューの作成、オフ会などをしております。
オンラインサロンは、「脳・筋サロン」という名前で運営しており、考えながら筋トレをしようという意味があります。

アメリカの担当者が理論担当で、僕が実践担当です。
対象者は幅広いのですが、客層としては選手の方が多いですね。
僕自身がボディビルの経験があるため安心するのかもしれません。

サロンを始めたきっかけは、アメリカの担当者に誘われて始めました。
僕は、誘われることが多くて、ラッキーだなと思います(笑)

お客様とは友人のような関係

最初のジムの話で、始めは江戸川区のちょっとしたところでしたが亀戸に規模を大きくして移転したときがあったんですよね。
移転によって前のお客様が通いにくくなり、「寂しいね」「また会いたい」といってくれた方がいたのは嬉しい思い出ですね。
お客様とはトレーニングの関係だけではなく、プライベートでご飯に行くこともあるので友人のような関係性です。
お客様から「旅行行ってきたんですよ」といってお土産をいただいたり、逆に僕からお土産を渡すこともありましたね。

普通の男性がベンチ70kg達成

最初のジムでのお客様の話ですが、40代の方でトレーニング経験がなかったため、始めたての頃はベンチプレスで40kgという記録でした。
そこから指導を重ねていくうちに、60kgが上がるようになり、調子が良いときは70kgも上がるようになったのです。
こうしたお客様の成長を見ていくのも面白かったですし、僕が思っていた以上に成長してびっくりしましたね。
別のお客様からも「あの人変わりましたよね?」と言われることがあり、自分以外の目から見ても分かるくらい変化が出ました。
元々はちょっと太っていたのですが、お腹はへっこんで肩回りはガッチリという感じに引き締まりましたね。

お客様の価値観を大事にする

トレーニング指導で工夫しているのは、相手のレベルに合わせた言葉遣いや指導をすることです。
トレーナーの中には、「肩の外旋を意識してください」「骨盤を前傾してください」というように難しい言葉を使う人がいます。
しかし、相手は初めてなので難しい言葉を使うと引いてしまうと思うんですよね。
なので僕は難しい言葉を使わない指導を心がけています。

また、お客様の目的や目標に合わせたゴール設定も意識していますね。
僕はボディビルダーなので、「ムキムキになってしまうのでは?」というイメージを持たれます。
しかし、全員がムキムキになりたいわけではなく価値観も人それぞれなので、その人の価値観に合わせた指導を心がけていますね。
男性であれば細マッチョになりたい人、運動不足解消やメタボ解消を目的とした指導をしたり、女性であればヒップアップや美ボディ、ダイエットを目標とした指導もできます。
ボディビルなどの大会を目指している人であればムキムキを目指しますが、軽い運動や習慣化を目的としている人には日常に組み込めるような指導をします。

希望があれば食事指導もしており、ボディビルのイメージである「鳥の胸肉とブロッコリー」ではなく、お客様のライフスタイルに合わせた食事指導をしています。
例えば、普段コンビニを利用する人にはコンビニで買うとよいものを指導したり、外食時に食べてほしいものを提案したり、社会人で飲み会が多い人にはおつまみとの付き合い方を教えたりします。
いきなりライフスタイルを変えるのは難しいので、今のライフスタイルに合わせた指導から始めますね。
お客様はマッチョから痩せたい人まで幅広く指導しています。

お客様の性格に合わせた指導

僕は、お客様の性格に合わせて指導をしていますね。
例えば、理論的なお客様で「何でこうなるんですか?」と聞いてくる方には細かい説明を意識しています。
逆に、抽象的な感じで「ガッとやってグッという感じだよ!」という説明で分かる方には細かく説明せずに感覚で伝えています。

お客様の見極め方は、1回目では難しいので何度も会話をしていく中で見極めますね
他にも、SNS経由で申し込みのあったお客様に対しては、SNSを見てどういう人なのかを把握してから指導方針を変えています。
僕はSNSを結構活用していますが、正直そこまでSNSによる影響は大きくないかなと思います。
他のトレーナーさんに話を聞いても、SNSの集客よりも現場の口コミによる集客の方が多いと言っていますね。

梶田さんが所属するTHE NUDEの魅力


THE NUDEは、2020年にできたばかりの新しいジムです。
代官山駅から徒歩2分という立地の良さで、内装もおしゃれできれいです。
レンタルウェアも充実しており、手ぶらで来るお客様が多いですね。
後は、スタッフ全員が明るいことですね(笑)

24時間営業のジムですが、11時〜20時の間はスタッフが在中し、ジムのご案内をしております。
また、それ以外の時間も、僕を含むフリーの所属トレーナーにご連絡頂ければ、対応いたします。

NUDEは、パーソナルをやりつつ24時間ジムも兼ねているため、いいとこ取りをしているジムだと思います。
パーソナルの有無などが選べる自由度の高いプランになっているため、自分に合わせたプランが選択可能です。
パーソナルでは単発の指導もおこなっており、僕の紹介であれば4,400円のところ初回は無料で指導を受けられます。

ボディビルの経験が指導にも影響


ボディビル大会前の食事は、油を控えて高タンパクにしています。
炭水化物もある程度取り入れて有酸素運動もしているので、世間でいう一般的なダイエットとあまり変わりませんね。
ただし、ボディビルでは多くの要素が評価されるので、大会が近づくにつれて炭水化物をゼロにしたり、水を抜いたりはします。
評価のポイントは、筋肉の大きさ・しぼり具合・筋繊維の見え方・全体のバランス・ポージングによる魅せ方などです。
また、審査員は元ボディビルの方が多く、人の心を動かす体だと評価されやすいと感じます。
人の心を動かす体を目指すには、自分の弱点部位をどれだけなくせるのが重要ですね。
こうしたボディビルの経験から、痩せ方や食事制限を学び指導にも活かせてます。
しかし、ボディビルの減量は一般の方にとって過酷すぎるので、お客様にはより取り組みやすいものを提供していますね。

ボディビルのプロになって世界で戦いたい



個人としては、ボディビルの成功を収めたいですね。
具体的には、ボディビルでプロになるための大会で優勝し、その後世界トップレベルの大会である「ミスター・オリンピア」に出場するのが夢です。

仕事に関しては、指導した人の体だけではなく、人生も変えていきたいですね。
体を変えると自信がつくので、お客様の人生を公転させるのが夢です。
フリーに転身したのも、ボディビルの成功を収めるために自由に動きたいのが理由でした。
実は、ボディビルの方でトレーナーとしてやっている人も意外と多いんですよね。
経緯としては、普通の仕事をしている人が筋トレやボディビルにはまり、そこからトレーナーになるというのが多いようです。

これからトレーナーを目指す方へ

相手に思いやりを持って指導をするのが大事だと思います。
トレーナーによっては、相手に伝わっていないのに自分の知識をひけらかせて自己満足で終わってしまう方がいます。
自己満足で終わらないためにも、相手が何を求めているのか、どんな人なのかを判断し、「この人だったら優しくやろう」「この人だったら理論的にいこう」といったような相手に思いやりを持った指導が理想ですね。
パーソナルトレーナーは、コミュニケーションの上で成り立つ職業だと思うので!

0
ボディビルダーとしてもトレーナーとしても成功したい。梶田遼太朗のトレーナー論

今回インタビューしたトレーナー

梶田遼太朗
梶田遼太朗

トレーニング歴は11年以上、現役ボディビルダーとして活躍し、毎年10kg以上の減量を成功させてきた、ボディメイクのエキスパートです。 豊富な経験を活かし、お客様のダイエットやアンチエイジング、健康をサポート致します。

よかったらシェアしてね!

WEB集客に悩みを抱えているトレーナーの方必見!

ベストレでは、現役トレーナーの方を対象に、明日から使えるWEB集客情報を無料で紹介しています