トレーナー界の「オーキド博士」になる。Co-nect神楽坂トレーナー深作大地にインタビュー!

トレーナー界の「オーキド博士」になる。Co-nect神楽坂トレーナー深作大地にインタビュー!

今回は、フリーランスとして活動し、Co-nect神楽坂でもトレーナーとして活動している深作大地トレーナー、通称ふっかさんにお話を伺いました。一度はトレーナーの夢を諦めたもののインターンシップでトレーナーを経験し独立。「将来はオーキド博士になりたい」と語る彼の仕事への想いに迫ります。

今回インタビューしたトレーナー

深作 大地
深作 大地

大学3年時よりパーソナルトレーナーとして活動スタート 大学卒業後にフリーランスパーソナルトレーナーとして活動スタート。特技はタイ古式マッサージ。ダイエットだけでなく、体の不調がある方や病気の予防をしたい方もご相談ください。

※この記事は、2020年6月時点の情報です。当時の状況と異なる部分がある可能性がある点、ご留意ください。

トレーナーに憧れを抱いた高校時代

僕、学生時代はずっと野球やっていたんですよ
それで高校の時に、外部コーチの方が月に1回コンディショニングやトレーニング指導をしてくれてたんです。
そんなある日、関節を曲げる時に痛みを感じるようになってしまって、2週間松葉杖の生活を送ることになってしまいました。

足首も曲げられないという状態だったのですが、その当時の外部コーチの方が10分くらいで治してくれたんですよ!
この時から外部コーチの方に憧れて、プレイヤーとしてではなく選手をサポートする側もいいなあと思ってトレーナーを目指そうと思いました。
ただ、治してもらったというインパクトが強すぎて施術の内容はほとんど覚えてないんですけどね(笑)
当時高校2年生だったのですが、ここからトレーナーへの憧れを抱き、大学を調べたり直接トレーナーさんに話を聞いたりしていきました。

トレーナーの夢を諦めてしまった大学時代

大学はアスレチックトレーナー(スポーツ現場で選手のケアを行うトレーナー)の資格を取れる大学を受験したんですよね。
でも希望していた大学は全部落ちちゃって、行くところがなかったので受かっていた東洋大学国際地域学部への進学を決めました。
この時は、もうトレーナーの道も無理だなと思って諦めちゃったんですよね。

そんな時、浪人中に太ってしまったのでジムに入ったところ、パーソナルトレーナーという仕事を知ってすごく興味が出たんですよね。
それで大学2年の時に、職業体験でパーソナルトレーナーを選びました。
大学3年になってからも、別のパーソナルジムにインターンとして働いていました。
Wantedly」というサイトでインターン先を探して、Web事業とパーソナルジムを運営しているベンチャー企業でインターンをすることにしました。
僕はパソコンが苦手なので、パーソナルジムをメインでインターンとして働いてましたが(笑)
給料をいただきながら、トレーナーの基礎を学ぶことができました。

卒業後はフリーランスの道へ

実は、インターン先へは就職せずに大学4年の4月にやめて、フリーランスとして独立する道を選んだんですよね。
そこで現在活動している「Co-nect」に出会い、業務委託でトレーナーとして活動をしています。

就職しなかったのは、たくさんの人と関わることがあんまり好きじゃなかったので、向いてないと思っていたんですよね。
しかも我が強くて、上とぶつかることが多かったんです。
実はインターン先とも何度かぶつかっていてやめちゃったんですよね(笑)



ただ、Co-nectの代表とは地元が一緒だったことから話が合って、今でも仲良くやってます
Co-nectのトレーナーは全て業務委託で、トレーナーの数が少ないので、僕がサポートしたりもしていますね。

ベストレ編集部 Co-nect代表のインタビュー記事もあります。



トレーナーとしての知識は、大学卒業後に「セカンドパス」というトレーニングスクールでほとんど学びました。
他にも、大学4年の時にはボディメイクの大会に出場した経験もあるんですけど、今は減量が辛いので出たくないです(笑)

「楽になった」の声が一番のやりがい



僕、きっと他のパーソナルトレーナーの方と比べるとやっていることが違うと思うんですよね。
ダイエットと食事指導だけじゃなくて、痛みを取ったり骨盤調整もおこなっているんですけど、需要が高くてダイエットが目的の人とは層が違うと思うんですよ。
ダイエットの目的自体はなくならないと思いますけど、中には痩せなくてもいいと考える人もいると思います。
冬だと体型が隠れるから、太ったままでもいいという人もいますし。

ただ、肩こりや腰痛は生活に支障が出てきちゃうんです。
ダイエットだけではなく、こういった肩こりや腰痛の改善や姿勢改善を取り入れた指導をしています。
他にも、僕自身がアトピー性皮膚炎を持っているので、アレルギーを改善する食事方法についても指導しています。

こういったダイエット以外の知識は、セカンドパスが根底にあるんですけど、学んだことを深掘りして勉強していますね。
セカンドパスでは、コンディショニングコースに通っていて、マッサージとか筋膜リリースなどについても学びました。

僕自身がタイ古式マッサージを経験してすごく良かったので、今後はタイ古式マッサージの資格を取りたいですね。
マッサージができるトレーナーはあまりいないので、ここを強みとして打ち出していきたいです。

コンサル業をしている女性の人生の目標を達成した話

お客さんの中に、コンサル業をしている40代の女性の方がいるんですけど、その方の人生の目標が「パーソナルトレーナーをつける」という目標がだったんですよ。
いろんなところを転々とするよりも、1人の人に頼みたいという思いがあったみたいで。
その方が僕を選んでくれて、その瞬間が一番嬉しかったですね。

彼女は首のヘルニアを持っていたんですけど、元々はトレーニングだけを目的としてきてたんですよ。
その当時は、運動は僕のところでして、別で整体に通ってたみたいです。
整体ではマッサージをしてもらっていたみたいなんですけど、僕がどっちもやれちゃうのでお客さんから「深作さんのところで完結しちゃいます」という言葉を聞けて、すごく嬉しかったです。

指名される瞬間が嬉しい

Co-nectには他にもトレーナーがいるんですけど、その中でも僕を選んでくれると嬉しいですね。
この間のお客さんは、違うパーソナルに通っていたんですけど、1度僕のパーソナルを受けてくれた時に「今までで一番楽しい」といってくれたんです。

僕の場合は、初回にいきなりトレーニングをせずに体の歪みチェックから入るんですよね。



重りももたずに、自分の重さだけでトレーニングをしています。
たまにホワイトボードを使って授業みたいにやるんですけど、今まで経験したことがなく新鮮で楽しいと好評です。

絶対に怪我をさせない

怪我をさせないというのが僕の中で根底にありますね。
解剖学をベースに関節の動かし方を指導することで、怪我の防止にもつながります。
そもそも怪我をさせないためには、無理に重りを加えないことが重要ですね。

例えば、重さが軽いから負荷を感じないというお客さんがいたとしたら、無理に重さを加えるのではなく、関節の正しい動かし方を指導します。
解剖学の知識があれば、関節を正しく動かすことで自分の重さだけでも効かせられるんですよね。
手首の位置が変わるだけでも負荷のかかり方が違いますし、こういったことを知らないと効いてると思っていても筋肉への負荷ではなくて関節への負荷である場合があるんですよ。

パーソナルトレーナー=ダイエットのイメージを変えたい

パーソナルトレーナーは、ダイエットをするイメージが強いので痩せたい人しか来ないんですよ。
肩こりや腰痛を持っている人も、ほとんどの方が接骨院にいってしまうんですよね。

接骨院では、電気を流すだけとかほぐすだけで原因にアプローチしていない場合があると思います。

例えば、雨漏りしている家があったとして、天井から水が垂れてくるとします。
天井が破けているだけだったら根本的な原因は屋根にあるんですけど、接骨院の処置の場合は天井にガムテープだけ貼って雨漏りを回避するのと同じことです。
屋根を修理しない限りは、根本的な原因は解消しないんですよね。

接骨院などは、対症療法になっていることが多いので、トレーナーがマッサージやトレーニングで治していきたいです。

深作トレーナーが所属するCo-nect神楽坂の紹介



Co-nectでは、マッサージ・ストレッチ・トレーニングの3本柱でサービスをしています。
トレーニングだけだったら筋肉が固まってしまうので、ほぐしやストレッチが必要です。
逆に運動不足の人は、筋肉が弱くなっているのでトレーニングをしなければならないという問題点があります。
この両方にアプローチできるのがCo-nectの強みです。

トレーナー全員がマッサージやリリースをできるようになるために、僕がトレーナーの育成もしています。
オンラインのお客さんも増えてきていますが、僕は対面がメインですね。
オンラインだとほぐしができないので、疲れが溜まっているという方は対面の方おすすめです。

Co-nect神楽坂の詳細を見る

骨格と体の基盤を作ることから始める



僕の指導方針として、いきなりトレーニングはさせないですね。
まずは骨盤がどうなっているかをみて、力の入れ方や体幹トレーニングをしてから本格的なトレーニングに入ります。
こうすることで怪我のリスクが減りますし、肩こりや腰痛を治していくのが僕の強みです。

ほとんどの方が肩こりや腰痛を持っていて、ダイエット目的できたとしても肩が凝ってる人が多いんですよね。
鍛えたい人もくるんですけど、まだそのレベルにいっていない人もいらっしゃいますね。
例えば、肥満の方の場合だと今のままのフォームでスクワットなどをすると怪我のリスクが高い方が多いですね。

あと、筋肉をつけるには血流をよくして栄養を身体に運ぶ必要があるんですけど、肥満の方の場合は下半身に血流が溜まっちゃうんですよね。
まずは肥満やむくみ改善から始めるのをおすすめしてます。

栄養面からのアプローチにも自信あり

栄養面から痛みを知っていくようなアプローチもしています。
僕は減量や増量だけではなくて、がん予防、痛みの改善、アレルギーの改善につながる食事のアドバイスができます。
例えば、がんの転移する理由を説明をして、こういう食事を取ると細胞が生まれ変わりやすくなるからとりましょうと指導します。
他にもがんやアレルギーになりやすい食事についても説明しますね。

健康においては三大栄養素以外にも、栄養素がどう働くかというのが非常に重要です。
他のトレーナーにはないアプローチで食事指導ができると思います。
ただ、Co-nectでは食事指導のプランがないので、食事指導を受けたい方は要相談ですね。

トレーナーの育成にもチャレンジしたい

僕には一番尊敬しているトレーナーさんがいて、その方と同じマインドでいたいですね。
例えば、僕が今後会社をやるにしても、自分のところで働くトレーナーは自分と同じマインドでいて欲しいんですよ。
解剖学を学びたくないというトレーナーだったら絶対採用しないですね。
筋トレを効いてる効いてないというレベルではなくて、骨格レベルからトレーニング指導ができるトレーナーを採用したいです。

コンテスト実績がある方でも、自分の実績でしかダイエットを知らないので、自分はできても他人に指導できないケースがあると思うんですよ。
今後は細々とトレーナーの育成にも携わっていきたいです。

今はプレイヤーとして人気になって、知名度を増やしていってます。
増やすためにもブログとYouTubeをしているんですけど、なかなか難しいですね。
ただ解剖学まで理解している人はYouTube上でも少ないと思うので、見てもらえるようなコンテンツを作っていきたいです。
他にも、チャネルはたくさんあるので上手く活用していきたいと思います。

沖縄の人の健康を守るオーキド博士が目標



実は僕東京で活動してますけど、ゆくゆくは沖縄に行きたいんですよね。
全然縁もゆかりもないんですけど、沖縄が好きで(笑)
あったかくて海が綺麗で、人が温かいところがいいですね。
あとは、東京と違ってせかせかしてないですし、人も少ないところが魅力です。

ただ沖縄って今、健康寿命が下がってきているんですよね。
なので、将来の夢は沖縄の人たちの健康を守るオーキド博士のような人になることです。

ポケモンに登場するオーキド博士は、訪ねればなんでも教えてくれて、サトシたちを温かく見守っていますよね。

僕もオーキド博士みたいに、この人のところに行けばなんでも相談できる、体の悪いところを治してくれるという存在になりたいです。

実際に沖縄に移住するのは30歳までにと思っていますが、来年の夏までにはいつでも行ける体制を作りたいですね。

ベストレ編集部インタビュー後記

個人的には、沖縄のオーキド博士になりたいというのが強く心に残っています。
何よりも怪我をさせないことを第一にし、人々の健康を願う志は間違いなく、オーキド博士のようだと感じました。
これから深作さんがどういう活動をしていくのか、非常に楽しみです。

深作大地のページを見る

0
トレーナー界の「オーキド博士」になる。Co-nect神楽坂トレーナー深作大地にインタビュー!

今回インタビューしたトレーナー

深作 大地
深作 大地

大学3年時よりパーソナルトレーナーとして活動スタート 大学卒業後にフリーランスパーソナルトレーナーとして活動スタート。特技はタイ古式マッサージ。ダイエットだけでなく、体の不調がある方や病気の予防をしたい方もご相談ください。

よかったらシェアしてね!

インタビュー募集

インタビューコラム一覧

新着コラム一覧